ホーム > 厄除け・厄ばらいとは

厄除・厄払いとは

厄よけは、一般的には厄年(前厄・本厄・後厄)に、お受けいただく厄ばらいの御祈祷をいいます。
当神社のご祭神は、霊験あらたかな『運を開き守り、幸せを導く神様』として、古来より信仰されており、厄よけは新田大明神 厄除招福・災難消滅 祈祷として、お受けいたしております。

人生、山あり谷あり。古くから人々の豊富な経験に基づいて、とくに気をつけなければならない年回りを「厄年」といいます。

一般的に男性は数え25歳・42歳・61歳、女性は数え19歳・33歳・37歳・61歳が「本厄」にあたり、その前後の年が「前厄・後厄」になります。
中でも男性の42歳、女性の33歳は『大厄』とされ、大きな節目の年であると共に、万事を慎む年とされています。

平成28年度厄年表 あなたの厄年を調べられます

 

この厄年は平安時代に陰陽道の思想から広まったもので、「源氏物語」などにも厄除のために、物忌(できるだけ自宅にひきこもり、身体を清めて生活をすること)をすると記されています。

これらの年齢は「人生の中での大きな変化の時期」でもあります。時代は変わりましたが、年齢としては若年から青年、老年と移り変わる節目の年でもあります。
男性は仕事上の責任なども含め、身体的・精神的にも大きく期待され、疲れやストレスなども溜まりやすい時期でもあり、女性は身体的にも不安定な時期でもあります。

また、子供たちの3歳・5歳・7歳のいわゆる「七五三」も一種の厄年であり、それぞれに子供たちの身体的・精神的に成長が著しい時期でもあります。

これらの年回りは、神前でお祓(はら)いを受けられたり、お守りを身に付けられまして、神様のご加護により何事も無く無事に過ごせるように祈りつつ、謙虚な気持ちで生活を送られることをおすすめいたします。

また、厄除の時期ですが、ほとんどの方が初詣や節分前までにお受けになりますが、思いたった時や気になった時が必要な時期ということもございますので、いつお受けいただいてもかまいません。
新田神社では、毎日ご祈祷を承っております。要予約 03(3758)1397

初穂料は、5千円以上お気持ちをお納め下さい。

お問い合わせフォームはこちら FAXでのお申し込みはこちら

ページトップへ