神葬祭

豆知識

神葬祭の包みの表書き

神葬祭の参列者が持参するお包みの表書きは、「御霊前」あるいは、「御玉串料」と書きます。「不祝儀袋」に蓮の絵がついたものや御香典と書くのは仏式です。
霊祭の場合は「御玉串料」「御榊料」と書きます。
神職への謝礼の表書きは「御祭祀料」あるいは、「御礼」と書きます。

 
葬式服装

通夜・葬式の服装についてご説明いたします。葬儀の服を喪服と申しますが、近年は大分簡略化が進み益々その傾向にあります。通夜・葬式の服装を、男女別に正式と略式を併せてご紹介いたします。 神道の葬式でも通夜と葬式の服装は、仏式とほとんど相違はありません。 通夜と葬式の服装を参考に、地域のしきたりも勘案されてください。

男性の喪服

◆ 正式な喪服
・洋装の場合
黒のモーニングコートで、上着と対のシングルのベストを着用し、白のワイシャツに無光沢の黒無地のネクタイをつけるのが男性の正式喪服となります。
その際にネクタイピンは使用しません。ズボンには地味な縞柄を選び、ベルトではなくサスベンダーを用います。靴や靴下は当然と黒色になります。但し、モーニングコートは昼間の正装ですから、通夜に際しては、上下黒のスーツで、白いワイシャツ、黒のネクタイを結び、腕に喪章をつけます。しかし、喪章は喪家側の方が付けるものですから弔問客側は付けることはありません。

・和装の場合
男性の場合慶事とほぼ同じ服装です。長着に羽織袴のある黒紋服で、黒羽二重の染め抜き五つ紋付です。袴は仙台平か博多平になります。長じゅばんや下着の襟の色には、白色または鼠色の羽二重を用いて、地味な色合いの角帯が帯となります。羽織の紐は白色を選び、足袋も白が正式です。但し、地域によつては黒足袋が用いられることもあるようです。草履の鼻緒は白か黒で畳表となります。

◆ 略式の喪服
・洋装の場合
ブラック又はダークのスーツ着用となります。ワイシャツは、もちろん白色で、ネクタイや靴、靴下などは黒で調えます。

・和装の場合
色無地の三つ紋、或いは一つ紋付きの羽織に揃えの長着となり、羽織紐や半襟などは グレーまたは黒を用います。この折に袴の着用はいたしません。

女性の喪服

◆ 正式な喪服
・洋装の場合
ワンピース、ス―ツ、アンサンブルなどの黒無地の長袖で光沢のない生地が正式喪服となります。
靴下、ストッキング類は黒色です。靴は布製、あるいはスエードのような皮製パンプスで装飾のないものとなります。
アクセサリーは真珠、あるいは黒系のものにして、付ける際にも、あくまでも控えめであることを忘れずに。バック類も留め金がなく光沢のないものを使用します。

・和装の場合
黒羽二重の染み抜きの五つ紋付き長着が正装です。夏には五つ紋付きの黒無地で、6月~9月は単衣(ひとえ)を着用し、7月~8月は絽(ろ)を着用するのが正式と云われます。
黒無地の丸帯を縫い目を下にして締めるのが帯の締め方です。半襟、下着、襦袢、足袋などは全て白色となります。草履は布製の黒色のものになります。

◆ 略式の喪服
・洋装の場合
ワンピース、ス―ツ、アンサンブルなどの黒無地の長袖で光沢のない生地となります。
靴、ハンドバック、靴下などは光沢のない黒を選びます。

・和装の場合
無地の一つ紋&三つ紋になり黒帯です。地味な小紋に黒の一つ紋の羽織で帯は黒選びます。
草履やハンドバックなども皮製の黒色を選びます。

◆ 化粧&アクセサリー
薄化粧が化粧の基本です。口紅、マニキュア類はしないのが正式です。つける時でも、色の鮮やかなものは避けるべきでしょう。光る金具のついている髪飾りは避けて、黒色のリボンなどを選びます。

香水も基本的には使用しないものですが、つける時はには抑え微量にします。アクセサリーも黒系のもの又は真珠なら許されます。しかし、結婚指輪&婚約指輪はアクセサリーとは見ない建前ですから付けていても大丈夫です。

 

学生&子供の喪服

学生の場合は男女の区別なく黒系の制服であれば喪服になります。
制服がない女子であれば黒か紺系のワンピースか、グレー系のブレザーにスカート、ブラウスは白色を着用します。
男子であれば黒系か紺系、或いはグレー系のブレザーにズボンで、シャツは白色を着用します。
男女とも黒の靴に、黒か白の靴下を履きます。

 

ページトップへ