ホーム > 新田神社について > 通夜祭・遷霊祭、葬場祭の流れ

神葬祭

通夜祭・遷霊祭、葬場祭の流れ

通夜祭・遷霊祭の流れ(地域によって異なります)

1:親族・参列者入場・着席
2:斎主(神職)入場
3:開式の辞
4:修祓(お祓い)
5:斎主一拝
6:献饌(献灯)
7:通夜祭・祭詞奏上
8:玉串拝礼 ※玉串拝礼の仕方はこちら
9:遷霊の儀
10:遷霊祭・祭詞奏上
11:徹饌
12:斎主一拝
13:斎主退場
14:閉会の辞
 

葬場祭(神式葬儀)の流れ(地域によって異なります)

1:親族・参列者入場・着席
2:斎主(神職)入場
3:開式の辞
4:修祓(お祓い)
5:斎主一拝
6:献饌(献灯)
7:葬場祭・祭詞奏上(斎主)
8:しのび歌奏楽
9:玉串拝礼 ※玉串拝礼の仕方はこちら
10:出棺祭・祭詞奏上
11:徹饌
12:斎主一拝
13:斎主退場
14:弔電奉読
15:閉会の辞
16:葬儀委員長・喪主挨拶

玉串拝礼の仕方

1 順番がきたら前に進み、神職に一礼して玉串を受け取ります。
玉串は右手で上から枝の根元をつまみ、左手で下から葉を支えます。このとき、左手の葉先の方が高くなるようにします。
2

玉串を捧げる案(机)の前へ進み、おじぎをします。

3

胸の高さで、玉串の根元(切口)が自分の方に向くように右手を引き、葉先が祭壇に向かうようにします。

4

さらに左手が根元、右手が葉先になるように持ち替え、右回りに回し、根元が祭壇に向かうようにします。

5 玉串を両手で静かに案(机)の上に置きます。
6 2回礼をします。(二拝)
7 忍び手といって、できるだけ音をたてないように2回拍手をします。(音を出さないのではありません)
8 最後に1回礼をします。(一拝)
9

再び軽いおじぎをして元の席に戻ります。

葬場祭(神式葬儀)は基本的には仏式葬儀とそれほど変わりませんが、仏式葬儀では「焼香」を行うのに対して、葬場祭(神葬祭)は、「手水の儀・玉串拝礼(たまぐしはいれい)」を行います。

また参列者の服装は仏式葬儀と同じく、「一般の喪服」で良く、数珠は使用しません。

 

祭祀料(初穂料)

葬儀日程(二日間)
○ 通夜祭・遷霊祭  奉仕
○ 葬場祭・火葬祭及び帰家祭・十日祭  奉仕 (但し、当日の場合のみ)

神職(斎主)1名でのご奉仕の場合
○ 30万円以上お気持ちをお納め下さい。
○ お車代をお願い致します。
※神職2名以上の場合は、ご相談下さい。

ページトップへ