ホーム > 新田神社について > 神葬祭の流れ

神葬祭

神葬祭の流れ

神葬祭の流れ(地域によって異なります)

1. 帰幽奉告

家族が亡くなった場合、まず帰幽奉告(きゆうほうこく)といって神棚、祖霊舎(それいしゃ)に故人の死を奉告します。この後、神棚の前に白紙を張り神棚を封じます。

2. 枕直しの儀

遺体は白の小袖を着せて通常北枕に寝かせます。前面には祭壇を設け、お米・お塩・お水・お酒、故人の好物などを供えます。

 
3. 納棺の儀

遺体を棺に納める儀式で、棺に蓋をして白い布で覆った後、全員で拝礼します。

4. 通夜祭および遷霊祭

通夜祭(つやさい)は、神職が祭詞(さいし)を奏上し、遺族は玉串を奉って拝礼します。
遷霊祭(せんれいさい)は、故人の御霊(みたま)を霊璽(れいじ)に遷し留める儀式です。「御魂移しの儀」を執り行い、夜を象徴して部屋を暗くし、神職により遺体から霊璽へ御魂が移されます。

5. 葬場祭及び告別式

葬場祭(そうじょうさい)は、故人に対し最後の別れを告げる、神葬祭最大の重儀です。神職による祭詞奏上、玉串拝礼、弔辞の奉呈、弔電の奉読などが行なわれます。
そして、御遺体を火葬場へ送る為の出棺祭詞を奏上します。

6. 火葬祭

火葬祭は遺体を火葬に付す前に、火葬場にて行なう儀式です。神職が祭詞を奏上し、遺族が玉串を奉って拝礼します。

7. 帰家祭および直会

帰家祭(きかさい)は自宅へ戻り、塩・手水で祓い清めて霊前に葬儀が滞りなく終了したことを奉告します。この後、直会(なおらい)を行ないます。
直会とは、葬儀でお世話になった神職、世話役などの労をねぎらうため、宴を開いてもてなすことです。そして、これより後は、霊祭(れいさい)として行なっていきます。

8. 埋葬祭

埋葬祭は墓地に遺骨を埋葬する儀式です。昔は、火葬場から遺骨を直接墓地へ移して埋葬していましたが、最近は一度自宅へ持ち帰り忌明けの五十日祭に合わせて埋葬するケースが増えています。

 

ページトップへ